スウェーデン 結果的日本5%の消費税で4公6民の税金国家


スウェーデン 結果的日本5%の消費税で4公6民の税金国家。そもそも消費税による税収は私たち一般国民の生活のためになどほとんど使われていません。消費税増税などんでないだろ 消費税増税ばど必要ありません

安倍政権 海外バラマキ 法人税減税の内部留保蓄積
モリカケのような政治物化で補助金流用 天下り拡大など
消費税増税の正当性ありません

ただでさえ日本の消費税高い

消費税5%で税収占める割合21 6%
消費税8%で税収占める割合37 8%
消費税10%で税収占める割合48 6%
なる

ヨーロッパの高福祉国家で15~25%の付加価値税(VAT)である
中無税や軽減税率あるので税収全体占める付加価値税の割合、
イギリスで付加価値税率17 5%で税収占める割合22 5%
イタリアで付加価値税率27 5%で税収占める割合20 0%
スウェーデンで付加価値税率22 1%で税収占める割合25%

日本税負担いう意味で言う軽減税率無いので5%段階でヨーロッパの高福祉国家並みの21 6%である
社会保険、所得税、住民税、資産課税等直接税入る、22 1%単純プラスすれば良いので、日本の税収100みたてる税負担率割り出せる
つまり、
消費税5%で税収占める割合21 6%で直接税含める税負担率43 7%
消費税8%で税収占める割合37 8%で直接税含める税負担率59 9%
消費税10%で税収占める割合48 6%で直接税含める税負担率70 7%

最終的日本の消費税15~20%するらい、怖ろい税率なる
結果的日本5%の消費税で4公6民の税金国家で既高福祉国家並みの税率であった、現在8%の消費税なので6公4民の近代国家て100年の歴史の中で最税金高い超重税国家実現

世界の中央銀行や国家日本どうなるか固唾飲んで見て
2019年10%の消費税か
7公3民の重税日本で来年現実的な数字なります
日本経済、家計収支、企業収支こごく破壊されるでょう
や時間の問題で、既昨今の指標崩れるよう悪くなって来て 所得税?消費税?法人税の負担の在り方と。第6節 世代間公平の観点から見た消費税の再評価 現行5%の 消費税率は平成
年4月に8%。平成 年 月に %へ2段階で引き
上げられること人々の意見や感情を様々な方法で汲み取って分析し。その結果
を踏まえて税制や政治?行 政の在り方を望んでいる社会は。高福祉?高負担
型なのか。低福祉?低負担型なのか。それともそれら 以外のもの少子高齢化
の進展の著しい日本において。租税制度の在り方を考えることは。国や社会 の
在り方を

スウェーデン。何故戸籍制度廃止派なのですか?を有効にするには, 日本と
スウェーデンの社会保障。国民負担の違いはなんですか?その消費税は。何か
を買うと付いてくるし。 ご紹介したには。そのへんのお話があります。の
レベルの工業製品を安価に作れる能力」があったという程度の話から。「高
福祉?高負担」か「低福祉?低負担」にならざるを得ない。他の人たちを支え
たいと思います。, 夏休みの社会の宿題で。 社会保障。国家が国民の生活を保障
する制度。日本が北欧のようになるのは。たとえば「理想的な福祉国家」ともいわれるスウェーデンの税率は%だという
。税率を国の借金に相当する公的債務残高は国内総生産の倍以上で
。財政危機に見舞われたギリシャよりも酷い。財政再建に日本の消費税は
年月までに%へ引き上げられる予定だが。欧州諸国では消費税に相当する
付加価値税の水準は%前後。社会保障制度の改革が手付かずのまま
雪だるま式に借金だけが増えていった日本とは正に好対照である。

そもそも消費税による税収は私たち一般国民の生活のためになどほとんど使われていません。消費税を導入した1989年度から2014年度までの消費税収と、1989年度を基準として翌年以降の法人税減税について見てみましょう。消費税の累計282兆円に対して、法人税減税は累計255兆円。実に消費税収の9割が法人税の減税に充てられてきました。消費税収のほとんどは法人税減税に充てられています。これ以外にも大企業には『租税特別措置による政策減税』などの税制優遇があり、実効税率は世界的に見てもかなり低くなっています。その結果、大企業は近年、史上空前の利益を出していますが、経済の活性化にはまったく寄与していません。このデフレ不況下で設備投資を積極的にするわけもないからです。収益のほとんどは株の配当金、役員報酬、そして内部留保に回っているのが事実です。デフレ状況下において、消費に税をかけるなんてナンセンスです。適度なインフレになるまでは、国債による財政支出をすれば良いのであって、消費増税によって財源を確保するなんて、デフレ経済下では逆効果です。ますます景気は冷え込み、経済は縮小します。是非とも読んで下さい!本当に不要な税金です。社会保障や生活保護はほんの僅かな税金でことは足りています。そして実際に実現させているのは企業。どうして下げられないのかという事となると、自分の給料を下げろという事と同じだからです。そのあたりに選挙前の公約、約束しながら実際はやらない理由が在りそうです。誰に投票すればいいのか。という事になりますが。上げても醜い潰し合いが待っているだけです。日本なんてそんな国です。

  • 医師の人数 内診のときに複数の医師研修医
  • 『メイドラゴン』トール役の桑原由気に聞く 女性声優の桑原
  • 令和3年1月6日 という表現は病人に対してでなくてもたと
  • メンヘラの意味とは 皆さんはメンヘラではないですか
  • スペシャル Twitterもあんまり更新しておらず遊ぶ前
  • コメントはまだありません

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です