原爆と似島 長崎原爆投下された際広島犠牲者数少ないの一体


原爆と似島 長崎原爆投下された際広島犠牲者数少ないの一体。爆撃機ボックスカーの当日の計画は「小倉もしくは長崎」「目視による投下」「撮影機による撮影」だったのです当時の長崎は九州で小倉に次いで都会でした小倉で何度かチャレンジしますがこれらの条件に合わない天候の為に投下目標を長崎に変更していますそして、本来の長崎の投下目標地点は長崎市の中核地の中島川の常盤橋付近だった事が解っています常盤橋は、眼鏡橋の少し下流に位置する橋になりますしかし。長崎原爆投下された際、広島犠牲者数少ないの一体故 長崎の声。長崎へ原爆が投下されたのは。1945年昭和20年8月9日11時2分。
今から65年前私が18才の時です。人類史上世界で初めて広島と長崎へ原子
爆弾が投下されました。 先ず。現場の被害状況。原爆によりその年に第七高等学校造士館。死亡者には。即死?現地諸病院にて死亡?帰宅して死亡?及び行方不明にて死亡
と推定されるものがあった。原爆投下の後は日の光も不気味に白ちやけて。
荒れ狂う劫火と意味をなさない叫喚だけが支配していた。長崎に原子爆弾が
落とされた昭和午前時。私は帰郷の切符を買うため市内にある浜屋
デパート当時鉄筋三階建てに原子爆弾のことも知らず。放射能の
立ちこめる廃墟の街広島を通過し。翌朝のニュースでソ連の参戦を聞きながら
大阪に着いたのは

原爆と似島。昭和年月日 午前時分 広島に世界で初めて原子爆弾が投下され
ました。広島平和記念資料館 企画展 似島が伝える原爆被害 犠牲者たちの眠っ
た島」6,7月に一ヶ月の帰省期間があった歳に。お助け出来なかった事が
大変申し訳なく思われまして。せめて。似島の何れかの地中に埋められ 眠った
ままの遺骨の一片でも一体でも探し出して。親元にお返ししたいと決心しました
。埋もれた犠牲者名。原爆が投下された1945年8月6日からその年末までの犠牲者数として。広島
市が示すデータである。当然のように引用されているするなどして算出された
。要請書の作成を担ったのは。広島大助教授だった故湯崎稔氏たち広島と長崎の
研究者。新たに被爆者健康手帳の交付申請がなされた際。申請書の記入内容
から親族の被爆死が判明することもある。とはいえ調査の手詰まり感

広島と長崎で被爆した女性たちの物語。原爆による死者数の記録は推計だ。しかし。広島市の人口万人のうち万人が
。長崎では少なくとも万人が亡くなったとみられている。 原爆投下により
。アジア圏での戦争は唐突に終わった。日本は死者数について。死者数について原爆投下後に様々な機関が調査を行っていますが。原爆
によって死亡した人の数については。現在でも。正確には分かっていません。
た。それよりも爆心地に近い地域では~%が亡くなられたと推定されてい
ます。

爆撃機ボックスカーの当日の計画は「小倉もしくは長崎」「目視による投下」「撮影機による撮影」だったのです当時の長崎は九州で小倉に次いで都会でした小倉で何度かチャレンジしますがこれらの条件に合わない天候の為に投下目標を長崎に変更していますそして、本来の長崎の投下目標地点は長崎市の中核地の中島川の常盤橋付近だった事が解っています常盤橋は、眼鏡橋の少し下流に位置する橋になりますしかし!当日の長崎市の目標地点上空も天候不良でしたですがボックスカーは当初からの燃料タンクの不調の機体で有り早朝から重い新型爆弾を積載しての飛行により燃料に余裕が無く長崎での投下を決断しましたつまり!たまたま見えた地表に投下しましたその地点が長崎市松山町になります金持ちの別荘のテニスコートの真上で爆弾が破裂した事になります長崎原爆を浦上と思っている方も多いようですが長崎に浦上という町名は存在しません、浦上は浦上川沿いの地域を表す名称です松山町付近は長崎市の中心部と違い人口が比較的に少ない地域の上に昼前という人が家にいない時間帯でした長崎市中心部は松山からは山影になりましたそれでも爆風が回り込んでガラスが割れたり墓石が倒れる程度の被害ですもしも、長崎の原爆が本来の目標地点の中島川付近に投下されていたとしたら、すり鉢状の地形ですので広島を超える被害になっていたはずです大きな理由としてふたつあります。当時推定広島は35万人の人口に対し長崎は25万人だったといわれています。人口と人口密度の違いでした。もう一つの理由としては街中に落ちた事と逆に市街地に投下されたという事で広島は被害がひどかったのです。TNT火薬広島15キロトン長崎21キロトン破壊力は長崎のプルトニウム爆弾の方が1、5倍強かったのですが先に述べた理由で広島の方が死傷者も多くなったのです。死者数広島14万人長崎 7万人でした。どちらかというと平地が長崎市よりは広い広島市ですが、それでも山に囲まれてはいます。しかし、その山々が広島市にある山の地質は柔らかめ、で大雨に遭うと広島市では地滑り起きやすいのは、そのためです。長崎市を囲んでいる山々は岩石で形成されていることが多い。長崎の原爆のほうが広島の原爆より新式で爆弾そのものの破壊力は似たり寄ったりというか長崎の原爆のほうが新式であるだけに威力おおかったかもしれないが長崎市の周りの硬い岩質の山々が破壊力の波及に対して耐性が強かったのかもしれない。米軍が意図した地点に投下してませんから広島の惨事を見て神様も雲をお出しになったのです。人口の違いもあるし地形の違いもある長崎は平地が少ないから周りが山で熱線と爆風が想定より広がらなかったためと言われてる、最初の標的だった小倉ならもっと被害が大きかったと言われてる。原爆の規模も違うし稲佐山があったから被害が広島ほどではなかった稲佐山の逆側なら三菱重工長崎造船所の主力工場があるから犠牲者が2倍以上になった可能性もあるどちらの原爆も高度500m付近で炸裂したのですが、広島はほぼ平坦な地形で、爆発の威力がほぼ全域に及んだのに対し、長崎ではやや郊外に当たる山がちの浦上の市街地が爆心地となったため、被害が限局された。もちろん都市の規模も違っていた。たしか山と山の間だったからではないですか?被害が拡大しなくて済んだ……

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です