徴用工訴訟 時最高裁原告の訴え対裁判所での救済できない個


徴用工訴訟 時最高裁原告の訴え対裁判所での救済できない個。日本が敗訴する確率はほぼ0です。韓国の徴用工問題国際司法裁判所提訴て
日本負けるリスクあるんか 今回の
韓国の徴用工訴訟の原告の人たち
企業の募集応じて自発的働いた人達
当時の国徴用されてません???


アエラの記事
日本負けるリスクある
???みたいなこ書かれてる

日韓関係54年前逆戻り
…で日本輸出規制で強気のワケ〈AERA〉
7/23(火) 7:00配信

今後、韓国大法院の判決従い、元徴用工だった原告ら、没収た日本企業の財産売却た場合、日本国際司法裁判所提訴するている

安倍首相元徴用工の個人請求権、日韓請求権協定「完全かつ最終的解決ているので認められない」いう立場だ

か、戦後補償詳い川上詩朗弁護士、第2次大戦中、新潟強制連行され、過酷な労働強いられた中国人の元労働者ら西松建設提訴 2007年最高裁で敗訴確定た裁判例、こう説明する

「時、最高裁原告の訴え対、裁判所での救済できない、個人の損害賠償請求権消滅ていないこ、裁判外で日本企業賠償金支払い解決するの法的可能、実際西松建設1億2800万円の和解金支払うこで合意

なぜ、中国対てできて、韓国対てできないのか理由わかりません 韓国植民地、中国占領地だいう言い訳通らないでょう」

ある政府関係者国際司法裁判所提訴たて、敗訴するリスクあるこ、政府内の共通認識だ語る

「本当個人の請求権消滅た言い切れない で敗訴すれば、同じような裁判続く可能性ある だこそ日本政府、輸出規制の問題で韓国政府の譲歩是非で引き出たかった つまり、報復措置いう、一手か日本なかったの」

(編集部?中原一歩)

※AERA 2019年7月29日号

https://headlines yahoo co jp/article a=20190722 00000088 sasahi pol&p=2

こっちの記事読み比べてください

韓国「元徴用工訴訟」の原告「元徴用工でない」矛盾
7/18(木) 11:46配信

???中略???

一方で、前ちょっ触れたよう、首相重要なこ指摘 裁判の原告4人徴用工でなく、民間企業の募集応じて渡日た「旧朝鮮半島出身の労働者」だったいうこ て大事な点

韓国側無論、含めた日本のメディア皆、4人の原告「元徴用工」だてき 日韓両政府よう呼んでき 司法の場で「徴用工」いわれてきたこまま信用てきたわけ

徴用「国家権力国民強制的動員、一定の業務従事させるこ」(『広辞苑』) いったん発せられれば、国民拒否できません

朝鮮半島での戦時労働動員三形態あった

朝鮮半島での戦時労働動員、三つの形態あり

第一、1939年41年企業の募集担当者朝鮮渡り、実施た「募集」

第二、42年44年9月の期間、朝鮮総督府各市?郡など動員数割り当て、行政の責任で募集民間企業割り振った「官斡旋」 お役所仲介た募集、職場や職種ついて納得いかなければ断る自由あり

第三、44年9月45年3月ごろ発動た「徴用」

原告4人全員、募集応じた労働者なの

4人のうちの2人43年9月平壌で日本製鐵(新日鐵住金の前身)の工員募集広告見て応募、面接合格て募集担当者引率されて渡日、大阪製鐵所の訓練工なり

う一人41年、大田(テジョン)市長の推薦で勤労奉仕の「報国隊」入り、日本製鐵の募集応じ、担当者引率されて渡日、釜石製鐵所の工員なり

最後の一人43年1月、群山府(現在の群山市)の指示で募集応じ、日本製鐵募集担当者の引率で渡日、八幡製鐵所工員なって

つまり、4人徴用の始まる44年9月以前、募集応じて日本働き来た人たちだったの ら対する処遇、戦争長引くつれて日本の男性の多く徴兵され、国内産業支える人手不足顕著なっていた状況の下、総じてよかったいえます

日本の常識で判断すれば、間違った事実基づく韓国大法院の判決無効なず

ただそう考えるの日本人だけで、韓国側募集官斡旋すべて強制的な徴用だ主張ているため、まったく話通じません

https://headlines yahoo co jp/article a=20190718 00010000 voice pol&p=2損害賠償制度の強化についての意見。懲罰的損害賠償は。損害に対する救済にとどまらず。違法行為の抑止を目的と
する制度である。最高裁も。萬世工業事件最高裁判決最判平成年月日民
集巻号頁において。この趣旨を次のように論じている。て。さらに
賠償金の支払を命ずることにより。加害者に制裁を加え。かつ。将来における
同様の行為を抑止しようとするものでしかも。権利者はむしろ自らが認識して
いる損害のうち。裁判所で認定してもらえそうにないものは請求額に参入しない
場合も

「徴用工」訴訟。太平洋戦争中に「徴用工として日本で強制的に働かされた」と主張する韓国人4
人が新日鉄住金に損害賠償を求めた裁判で。韓国の最高裁判所は日。「個人
請求権は消滅していない」として。賠償を命じる判決を言い渡し

日本が敗訴する確率はほぼ0です。日本が勝ちます。嘘つきドロボー国で全く信用が無い国に付ける薬はありませんね。韓流ドラマは嘘で固められたアホな番組です。韓流観ると具合が悪くなり蕁麻疹が出ます。韓流ドラマを流す地デジ局は完全に韓国の傘下に入りました。仮に原告の話が正しいならば、自発的に就職したという評価ではなく、企業の募集要項詐欺に合って強制労働させられたことになろうと思います。日本の保守論壇のゴミさはそーいうところを正しく評価できないところですね。「日本の常識で判断すれば…」とはまさに笑うところで、あまり日本の常識を劣化させないでもらいたいです。AERAの記事で出てくる政府関係者?の話、「本当に個人の請求権が消滅したとは言い切れない。」という部分に関しては、不法行為の慰謝料みたいなものの請求権は、安倍政権でも「消滅していない」と答弁されています。政府関係者であるならば正確に「消滅していない」と語るべきところです。1965年の5憶ドルにその請求権は含まれるーなんて話は誰かが勝手に言ってるだけのことで日本政府はそのよーには申していません。日本政府と韓国政府の話の分かれは、この消滅していない請求権に対して、日本政府の主張としましは「1965年の協定でその請求権は裁判所で救済されなくなった」とされるところですね。この法の支配を無視した国際的非常識が果たして国際的に通用するのかしないのか?ここが話の分かれ目でございまして、韓国におきましてはこの国際的非常識理論はとりませんので韓国司法の判断が有効とされるところです。ここに話の分かれがある。中国徴用工の最高裁の説諭にあるのですが、元徴用工の請求権は裁判で救済されなくなっただけで請求権自体は消滅しておらず、企業が自発的に賠償を払うのは問題ないと。従いまして韓国元徴用工に対して日本企業が自発的に和解するのもまた日本政府の主張内であっても本来であれば協定違反ではなく問題ないはずなのですが、なぜか日本政府は待ったをかけました。まったく理に適っていませんね。「国際司法裁判所に提訴しても日本が負けるリスクがあるんですか? 」というご質問に関しては、リスクがあるから日本政府は今まで仲裁委員会を開こうとも国際司法判断に任せようともしてこなかったわけですが、韓国は韓国で負けるリスクを考えてしまって尻込みしちゃってる感じなようですね。>なぜ、中国に対してできて、韓国に対してできないのか理由がわかりません。<中国は国家賠償請求権を放棄してる。つまり、日本は中国に1銭も払っていないし、個人請求権には触れていない。。一方、韓国は対日戦争してないので国家賠償請求権ないにもかかわらず、経済援助金の名目でお金を支払った。その見返りとして、今後一切の国家?個人請求権は完全に解消ととしたのです。両者、全然違うじゃん。>韓国側は募集も官斡旋もすべて強制的な徴用だと主張しているため、まったく話が通じません。<ここの個々の食い違いの原因は、韓国は日韓併合が違法と考えてる韓国の憲法がそうなってるので、応募であれ徴用であれ違法だという理屈です。平たく言うと1965年に日韓で合意された中にこの問題は解決したとなっています。その際日本から受け取った巨額のお金を徴用工へも渡すことになっていたのに韓国はそのお金を道路建設など国土復興の為に使いどうやら徴用工へは支払われずのようでしたが後の韓国大統領はこれは日本とは解決済であとは国内の問題だと認めたとあります。それをまた蒸し返す盗人猛々しさには呆れるしそれを在韓日本企業から強制的に取ろうとするに絶句します。良識ある韓国人はそういうことを韓国の若者に正確に伝える義務があると思われます。日本は日本でもっとこのことを分かりやすく世界に知らしめないと未だに日本が悪いと思っている国が結構あると聞きます。韓国は、国際法上「合法」である「日韓併合」を、遡及法で「不法」と解釈して、ありもしない徴用工問題をでっち上げているのです。↓「日本の主張は詭弁」=請求権協定で韓国高官—————-大法院韓国最高裁は日本が植民支配の「不法性」を認めなかったため徴用工問題で「有罪」とした。とはっきりと述べています。↓以下★→のところです。日本の経済報復の導火線になった大法院判決「徴用賠償責任」は依然として議論↓中央日報10時16分↑訴訟の核心争点になった韓日請求権協定は1965年6月22日に東京で締結された。協定第1条で日本は韓国に10年間に3億ドルを無償提供し、2億ドルの借款を供与することにした。2条で「両国とその国民法人含むの財産、権利および利益と請求権に関する問題が完全かつ最終的に解決」されることで合意した。翌年韓国政府は請求権補償法などを制定し、1975~1977年に強制徴用死亡者9546人に対し28億6100万ウォン、1人当たり30万ウォンを支給した。 大法院は「請求権協定で被害者の慰謝料請求権は剥奪されていない」として原告敗訴の判決を下した日本の裁判所と韓国の裁判所の1?2審判決をひっくり返した。裁判所は「★→請求権協定交渉過程で日本が植民支配の不法性を認めなかったため関連損害賠償請求権に影響を及ぼすことはできない」とした。すなわち、「請求権協定は日本の植民支配に対する賠償を請求するための交渉ではなく、韓日両国間の財政的?民事的債権?債務関係を解決するためのもの」であり、したがって「日本の国家権力などが介入した反人道的違法行為は請求権協定で解決されていない」ということだ。 これに対し請求権協定条文2条に明示された「国民」という単語と当時の交渉資料、これまで韓国外交部が堅持してきた立場などを考慮すると、強制徴用被害補償はすでに行われたとみるべきとの見方もある。当時の議事録などによると、韓国政府が交渉過程で提示した「対日請求要綱」8項目の中には「被徴用韓国人の未収金、補償金とその他請求権の返済請求」内容が含まれている。 ———————————————–参考英ケンブリッジ大学の国際法学者J. クロフォード教授は「自分で生きていけない国について周辺の国が国際的秩序の観点からその国を取り込むということは当時よくあったことで、韓国併合条約は国際法上は不法なものではなかった」とし、また韓国側が不法論の根拠の一つにしている強制性の問題についても「強制されたから不法という議論は第一次世界大戦1914年 – 1918年以降のもので、当時としては問題になるものではない」としている。———————————————–あくまで例ですが、今日から道交法が変わって、信号機の「青」は止まれ、「赤」は渡れ、に変わったとします。 今までと逆ですね。そうすると、昨日まで、信号機の「青」で渡っていた人々は、全員違反者として処罰されます。普通は、そんなバカなことは考えられません。これを遡及法といいます。———————————————–法の不遡及ほうのふそきゅうとは、法令の効力はその法の施行時以前には遡って適用されないという法の一般原則。———————————————–しかし、となりの韓国では、そういうことが平然と行われています。↓韓国に開く「亡国の門」遡及法が国を滅ぼす産経新聞、 06:302ページ~4ページは省略↑文氏は第二次大戦後に瓦解した韓国臨時政府やその軍隊「光復軍」を高く評価し、日本に対し独立戦争をしたかのような歴史観をアピールするなど、何かにつけて時間を遡る傾向がある。↑間違った過去は遡って正す。当時の法律も国際的な常識も無視してよい-。韓国政府のこの姿勢こそ、現代の日韓関係悪化を象徴するものだ。日韓請求権協定という国家間の約束を破ることも、慰安婦合意を反故にすることも、文政権にとっては間違った過去を正す行為なのだ。↑翻って日本を始め韓国以外の諸外国にとっては、合意という約束を破って開き直る相手と新たな約束を結ぶことに意味はない。「話しあって新たな合意を結ぶ? どうせその合意も破るんでしょ」。「今度の約束は守るって? それもウソですよね」。日本側がこうした認識に達するのも当然だろう。一番、頭にくるのは、判決文は知らない、さらに問題となる「日韓請求権協定」すら読んだことが無いという人が、質問をしてくることです。日韓請求権協定全文は以下の通りです。↓日韓請求権協定:日韓基本条約の関係諸協定、日韓請求権並びに経済協力協定————————————————————-[文書名] 日韓請求権並びに経済協力協定財産及び請求権に関する問題の解決並びに経済協力に関する日本国と大韓民国との間の協定 [場所] 東京 [年月日] 1965年6月22日 [出典] 日本外交主要文書?年表2,584‐586頁.外務省条約局「条約集?昭和40年二国間条約」. [備考] [全文]日本国及び大韓民国は、 両国及びその国民の財産並びに両国及びその国民の間の請求権に関する問題を解決することを希望し、 両国間の経済協力を増進することを希望して、 次のとおり協定した。 第一条 1 日本国は、大韓民国に対し、 a現在において千八十億円一?八、???、???、???円に換算される三億合衆国ドル三??、???、???ドルに等しい円の価値を有する日本国の生産物及び日本人の役務を、この協定の効力発生の日から十年の期間にわたつて無償で供与するものとする。各年における生産物及び役務の供与は、現在において百八億円一?、八??、???、???円に換算される三千万合衆国ドル三?、???、???ドルに等しい円の額を限度とし、各年における供与がこの額に達しなかつたときは、その残額は、次年以降の供与額に加算されるものとする。ただし、各年の供与の限度額は、両締約国政府の合意により増額されることができる。 b現在において七百二十億円七二、???、???、???円に換算される二億合衆国ドル二??、???、???ドルに等しい円の額に達するまでの長期低利の貸付けで、大韓民国政府が要請し、かつ、3の規定に基づいて締結される取極に従つて決定される事業の実施に必要な日本国の生産物及び日本人の役務の大韓民国による調達に充てられるものをこの協定の効力発生の日から十年の期間にわたつて行なうものとする。この貸付けは、日本国の海外経済協力基金により行なわれるものとし、日本国政府は、同基金がこの貸付けを各年において均等に行ないうるために必要とする資金を確保することができるように、必要な措置を執るものとする。 前記の供与及び貸付けは、大韓民国の経済の発展に役立つものでなければならない。 2 両締約国政府は、この条の規定の実施に関する事項について勧告を行なう権限を有する両政府間の協議機関として、両政府の代表者で構成される合同委員会を設置する。 3 両締約国政府は、この条の規定の実施のため、必要な取極を締結するものとする。 第二条 1 両締約国は、両締約国及びその国民法人を含む。の財産、権利及び利益並びに両締約国及びその国民の間の請求権に関する問題が、千九百五十一年九月八日にサン?フランシスコ市で署名された日本国との平和条約第四条aに規定されたものを含めて、完全かつ最終的に解決されたこととなることを確認する。 2 この条の規定は、次のものこの協定の署名の日までにそれぞれの締約国が執つた特別の措置の対象となつたものを除く。に影響を及ぼすものではない。 a一方の締約国の国民で千九百四十七年八月十五日からこの協定の署名の日までの間に他方の締約国に居住したことがあるものの財産、権利及び利益 b一方の締約国及びその国民の財産、権利及び利益であつて千九百四十五年八月十五日以後における通常の接触の過程において取得され又は他方の締約国の管轄の下にはいつたもの 3 2の規定に従うことを条件として、一方の締約国及びその国民の財産、権利及び利益であつてこの協定の署名の日に他方の締約国の管轄の下にあるものに対する措置並びに一方の締約国及びその国民の他方の締約国及びその国民に対するすべての請求権であつて同日以前に生じた事由に基づくものに関しては、いかなる主張もすることができないものとする。 第三条 1 この協定の解釈及び実施に関する両締約国の紛争は、まず、外交上の経路を通じて解決するものとする。 2 1の規定により解決することができなかつた紛争は、いずれか一方の締約国の政府が他方の締約国の政府から紛争の仲裁を要請する公文を受領した日から三十日の期間内に各締約国政府が任命する各一人の仲裁委員と、こうして選定された二人の仲裁委員が当該期間の後の三十日の期間内に合意する第三の仲裁委員又は当該期間内にその二人の仲裁委員が合意する第三国の政府が指名する第三の仲裁委員との三人の仲裁委員からなる仲裁委員会に決定のため付託するものとする。ただし、第三の仲裁委員は、両締約国のうちいずれかの国民であつてはならない。 3 いずれか一方の締約国の政府が当該期間内に仲裁委員を任命しなかつたとき、又は第三の仲裁委員若しくは第三国について当該期間内に合意されなかつたときは、仲裁委員会は、両締約国政府のそれぞれが三十日の期間内に選定する国の政府が指名する各一人の仲裁委員とそれらの政府が協議により決定する第三国の政府が指名する第三の仲裁委員をもつて構成されるものとする。 4 両締約国政府は、この条の規定に基づく仲裁委員会の決定に服するものとする。 第四条 この協定は、批准されなければならない。批准書は、できる限りすみやかにソウルで交換されるものとする。この協定は、批准書の交換の日に効力を生ずる。 以上の証拠として、下名は、各自の政府からこのために正当な委任を受け、この協定に署名した。 千九百六十五年六月二十二日に東京で、ひとしく正文である日本語及び韓国語により本書二通を作成した。 日本国のために 椎名悦三郎 高杉晋一 大韓民国のために 李東元 金東祚 ————————————————————-あなたは、韓国大法院最高裁の判決文を読んだことがあるのですか?、判決内容を知っていれば、何ら、疑問は起こらないはずです。判決内容を知らないから、そういう疑問が起こるのです。韓国大法院最高裁の判決主旨—————————————–日本の不法な植民地支配や侵略と直結した日本企業の反人道的な強制動員に対する慰謝料を払え—————————————–です。まず、確かに韓国国内については「個人の請求権」は存在しています。基本として、「日韓請求権協定」は、どのような内容が書いてあっても「外交的保護権の放棄」にしかならない。それは国際法の主体は「国家」のみであるという原則があるからである。条約日韓請求権協定も、国際法も、主体は「国家」のみである。—————————————–外交的保護権は、国際慣習法によって認められている国際法上の国家の権限である。A国とB国とがあって、A国の国民が、B国によって「違法」な損害を受けた場合には、A国自身が損害を被ったということになる。A国は自らの受けた損害を回復するため、B国に外交的保護権の行使という形で国家責任を追及することができるのである。注意すべきは、この権限は国民の受けた損害を国家が代わって追及するのではなく、国家自身が受けた損害を自ら追及する権限ということである。このような扱いとなっているのは、国際法の主体は従来からの考えでは国家のみであるという原則がある反面、国民の損害は回復される必要があるため、両要求を調和する形で認められたということによる。 —————————————–条約日韓請求権協定は、上記のとおり、韓国行政府の外交的保護権を放棄させただけにすぎない、つまり条約で「個人請求権」を拘束することはできないのである。↓ここにも書いてある。↓個人請求権の解釈原則:日韓請求権協定=国家行政府のみ対象—————————————-日本国内=個人の請求権は消滅した。韓国民の財産請求権はあらたに制定された「日韓請求権協定協定第二条の実施に伴う大韓民国等の財産権に対する措置に関する法律」財産措置法により消滅した。—————————————-韓国国内=個人の請求権は存在している。関係する国内法が存在しないため、日韓請求権協定は韓国行政府の「外交的保護権の放棄」しか存在しない。—————————————-ここでは、韓国国内=個人の請求権は存在している。と理解してください。じゃあ、韓国大法院最高裁は、何でもできるのか?、そうではありません。「大韓民国憲法の第6条1項」において、次のように定めている。「憲法に基づいて締結し、公布された条約および一般的に承認された国際法規は、国内法と同等の効力を有する」つまり、韓国大法院最高裁、つまり司法といえども、日韓請求権協定条約は無視できないのである。そこで、「個人の請求権は存在している」+「日韓請求権協定条約は無視しない」=判決文の論理構成—————————————————-元徴用工らが求めているのは、未支給賃金や補償金ではなく、日本の不法な植民地支配や侵略と直結した日本企業の反人道的な強制動員に対する慰謝料だ。請求権協定の過程で日本政府は植民地支配の不法性を認めず、強制動員の法的賠償も否認している。そして、日韓請求権協定は、植民地支配の不法性にまったく言及していない。したがって不法な強制動員に対する慰謝料請求権は、「完全かつ最終的に解決」したとされる請求権協定には含まれていない。だから、日本企業は元徴用工に慰謝料を支払うべきである。—————————————————-↑元徴用工の慰謝料請求権というのは、すでに決着している日韓請求権協定の枠外の話であるから、認められるべきものであるという理屈となったのです。極めて巧妙なやりかたです。ただし、人権問題とするには、具体的な証拠がなく、立証できなかったため、—————————————–日本の不法な植民地支配や侵略と直結した日本企業の反人道的な強制動員に対する慰謝料—————————————–となった。これは、大韓民国憲法に由来する内容です。つまり、↓大韓民国憲法↑前文悠久な歴史と伝統に輝く我々大韓国民は「★3?1運動で成立した大韓民国臨時政府の法統」と、不義に抗拒した4?19民主理念を継承し、????、大韓民国憲法は、その前文で、次のように宣言している。「悠久なる歴史と伝統に輝く我が大韓国民は、三?一運動によって建立された大韓民国臨時政府の法的伝統……を継承し……」 補足つまり、韓国の憲法それ自体が、日本による統治を否定して作られた「臨時政府」の正当性を認め、その「法的伝統」なるものを受け継いでいることを宣言しているのである。韓国大法院は、大韓民国憲法の「法的伝統」に従い、「植民地支配と直結した不法行為」と判決を下したのである。★しかし、日韓併合は違法ではない↓ウィキペディアWikipedia韓国併合再検討国際会議↓神戸大学大学院第3回韓国併合再検討国際会議「合法?違法」結論としては、韓国の併合は、国際法上「違法」とはならない。1910年の時点で、併合を違法とする国際法は存在していない。「日本の不法な植民地支配や侵略と直結した日本企業の反人道的な強制動員に対する慰謝料」←根拠がまったく無い。—————————–日本政府は併合の正当性について列国に打診している。アメリカとイギリスは、このまま韓国を放置することは地域に混乱与えると考え、韓国併合に賛成した。その他、清国、ロシア、イタリア、フランス、ドイツといった当時の主要国からの反対も全くなかった。各国の賛成を得て、また一進会も併合を望み、日本は韓国併合に乗り出した。国際法からの観点英ケンブリッジ大学の国際法学者J. クロフォード教授は「自分で生きていけない国について周辺の国が国際的秩序の観点からその国を取り込むということは当時よくあったことで、韓国併合条約は国際法上は不法なものではなかった」とし、また韓国側が不法論の根拠の一つにしている強制性の問題についても「強制されたから不法という議論は第一次世界大戦1914年 – 1918年以降のもので、当時としては問題になるものではない」としている。100%なんてもんは基本的にないから、多少のリスクはもちろんあるちなみに募集工か、徴用工かは争点ではないので関係ありませんというか、徴用だったとしても、当時の日本国内法で定められた正当な手続きなので違法行為では有りません。徴用が人権無視の違法行為と言うなら、韓国を含め徴兵制度が残っている国は全滅します。争点は、日本企業への賠償請求が日韓基本条約に抵触するかどうかの一点のみ。どんな裁判でも負けるリスクがあります。しかしもし日本が敗訴すれば、すべての植民地支配が違法となり世界中で裁判が起こされ大混乱に陥ります。十数名の多国籍裁判官の裁定に依る訳ですから、個々の法的解釈の順位性で決まると思います。友愛基調の人ならILO条項に抵触旨”人権?を重視し韓国勝訴も?しかし、1965年「日韓請求権協定」締結後、韓国政府は2005年に協定文書を公示し、徴用工補償は韓国の行政所管と自国民に見解表明しています。2012年まで47年間継続してきた法解釈を変えた事の正当性が問われます。陳述で韓国歴史観の矛盾が露呈するでしょう。中国等引用部は当該裁判に採択されません。又、韓国大法院判決に対しての国際司法裁決に応募工?徴用工の日本論理は意味を持ちません。裁判に100%はありませんから、絶対とは言えません只…其の記事は根本的な勘違いをしていますね支国人の場合日支友好宣言に於いて、一切の戦時賠償を放棄しています其の為、法的な義務はあります無いものの、企業側が同義的責任を認め支払う事はあり得ない話ではありません対し、暴国人共の場合、請求権協定で?出稼ぎZZI共の未収金?戦争に因る被害補償は支払われているのですつまり、今回の場合は完全に二重取りですねアエラは朝日新聞だから·····韓国が喜ぶような記事を書いたり、日本が韓国に譲歩するように誘導する記事を書くと思いますよ。

  • Learn そこで代わりを入ってもらいたいのですがこうい
  • スペシャル 結構頻繁にLINEする人なんですが彼女のLI
  • Susan 外向的な人が内向的になってしまう場合またはそ
  • 堀江会計事務所 親からの援助が1000万が上限と調べまし
  • Terra 小さなピンクの花が咲いているのを今朝見つけま
  • コメントはまだありません

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です