第174回国会 政策経費いう名称どおり議員や公務員の人件


第174回国会 政策経費いう名称どおり議員や公務員の人件。え。国家予算100兆円超えたいう記事あり 内訳、政策経費いうの7割以上占めてますね 他福祉や公共事業、地方交付金等1割程度づつ 政策経費いう名称どおり議員や公務員の人件費、国会運営等々、様々だ思 勉強不足でた、福祉や公共事業除いて、7割以上 びっくり 具体的ような使い方ているのか 剰余金国家返るのでょうか 一応の納税者国民なので聞いてみ 回答一覧。なお。経費予算の認可において。財務省は日本銀行の役職員の給与の積算内容等
を聴取しており。人件費が適切な水準となっ地方公共団体の行政の民主的かつ
能率的な運営を確保するため。地方公務員について成績主義による任用と分限
懲戒制度に基づき。各省庁において様々な省庁等の出身者の登用など政府全体
での適材適所の人事を推進するとともに。省庁間の具体的には。内閣が進める
重要政策や総理の動向等について。各府省庁等と連携しつつ。首相官邸
ホームページや

第174回国会。政府の政策決定過程における政治主導の確立のための内閣法等の一部を改正する
法律案内閣提出の趣旨説明及び質疑べき田中委員長のもとで。まさか
民主党国対の指示どおりに強引な運営がなされるとは。我々は想像さえしており
ませんでした。今。鳩山政権が推し進めるさまざまな改革に。国民は大きな
関心と期待を寄せています。内閣委員会が所管する公務員制度改革。民主党は
。マニフェストで国家公務員の総人件費二割カットを打ち出しました。

え?国家予算というのは、「一般会計」のことですか??つまり、下記財務省URL資料みたいなことですよね?ちなみに、政策経費というのは、「国の予算編成において、経費全体を示す一般会計歳出総額から、国債の償還や利払いなどに充てる国債費を除いたもの」出典?つまり、上記財務省URLの「歳出」項目のうち、「基礎的財政収支対象経費」というものですね。だから、あなたのいう>政策経費という名称どおり議員や公務員の人件費、国会運営等々、様々だと思いますが。というのは、ちょっと違います。もちろんそれも含まれていますが、最も多いのは、社会保障関係費。つまり、高齢化が進む日本では主に、ジジババへの年金、介護、医療費です。次に多いのが地方交付税交付金これは、赤字の都道府県?市町村へ配っているお金です。次に公共事業。ダム建設とか、公道の整備などなどあとは科学振興や防衛費などが並びます。普通に考えて国会運営などに7割もかけてたら暴動が起きますよ。北朝鮮ですか。笑ちなみに国会議員の給料は9億円程度だそうですね。巨額ではありますが100兆の歳出費からしたら0.0009%計算合っているかな一方消費増税による税収増は1%で1兆円ほどあるそうなので、「消費増税しないで議員の給与を減らせ!」という主張は「私はアホです」と表明しているようなものです。ただ、議員年金や各議員に与えられる特権や、議員活動経費などを加えると、実質受け取っている額はもう少し高くなると思いますし、給与額9億円だけをとっても、その額に相当する働きをしているかというと、USBを知らないサイバーセキュリティ相をみる限り、そんなことはないですので、言いたい気持ちはわかりますけどね。予算には一パン会計と特別会計が、あり 一パンは、100兆円 特別会計は、300兆だよ。特別会計には、一パンの重複分を相殺すると実質200兆円ですよ。国会で特別会計の議論をみたことねーな。そりゃそうだ 民主党の石井こうき議員が、特別会計の闇を国会で追求しょうとしたら、自宅でキチガイに殺されたからな。実質 特別会計というのは、名目であり、数百兆の米国国債を買うための裏金金庫であろう。日本は、アメリカの属国である、アメリカの財布である。アメリカが、借金まみれでも、国が、維持できるのは、日本という便利な財布が、あるからに他ならない。3:11は、アメリカ イスラエルの裏権力 裏政府によつて起こされた人工地震であり、福島原発事故もイスラエルのマグナbps社の小型監視カメラに内蔵された核爆弾によりひきおこされたものである。当然 3:11は、反米 民主党潰しのテロであつた。色々と誤解があるようです。質問者様の理解に誤解があるのか、文章が誤解を促しているのか不明瞭ですが、兎に角色々間違えています。政策経費というのは国債公債の元利払い金を除いた全ての歳出を言います。 この中に社会保障、公共事業、地方交付税、防衛、文教、その他が含まれます。 政策経費は政策をの策定に必要な経費ではなく、政策を実行する歳出です。よく、お読みになるといいと思います。国家予算の76%政策経費。24%は国債費償還と利払いです。で、この政策経費の約半分は、社会保障費です。45%ほでです。全体の33%に相当します。つまり、国家予算の1/3が、年金、医療費、介護費などということです。で、公共事業が8%、教育が7%。防衛が7%。地方交付税交付金が21%です。なお、上記の内訳では、自衛官の人件費は、防衛に仕分けられています。また行政官の人件費も、それぞれの区分に。国家公務員の人件費の総額は、5.2兆円。交付税交付金を除く、政策経費に閉める割合は、9%です。地方交付税交付金も、ある程度は地方の福祉に使われているので。国家予算の政策費のうち半分は、社会保障費です。ですから、社会保障をどうにかしないと、財政赤字はなんともならないのは、別にギリシャだけの問題ではないということですね。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です