鉄道トリビア98 なぜ東海道線の通勤快速品川?大船間で主


鉄道トリビア98 なぜ東海道線の通勤快速品川?大船間で主。遠距離客の速達需要に対処した列車だから、両端近くの駅は多く止めて、途中の駅は通過するんですよ。なぜ東海道線の通勤快速品川?大船間で主要駅の川崎駅や横浜駅通過するのか 横浜通過。驚くべきはその停車駅。東京を出ると新橋。品川。大船。藤沢。茅ヶ崎。平塚。
国府津。小田原に止まります。通勤快速は上野東京ラインとの直通運転は対象
外で全列車が東京?小田原駅間の運転。川崎通過はあんまり特別感がないのは
何故なのでしょうか笑ウィング号は通勤ライナーのような形態で有料列車で
品川を出ると上大岡まで止まらず。京急川崎や横浜を通過する列車鉄道トリビア98。にもかかわらず年代まで。川崎駅では東海道本線の列車を通過させていた
という。神奈川県内にあるの駅では横浜に次ぐ位だ。路線別の時刻表を
見ると通過の印ばかりで奇妙だが。実態は「快速列車が通過する」程度の話で
あった。それにしても。なぜ東海道本線の普通列車は川崎駅だけを通過したの
だろう。東海道線の混雑を根本から解消するために。国鉄が横須賀線の電車を
品川から鶴見付近まで貨物線を経由させて。「新横須賀線」として運行

東海道線の「通勤快速」はどのくらい混雑するのか。これらの通過駅は利用者数が多いことを考えると。東海道線の通勤快速は遠距離
を移動する人をターゲットにした電車ということがわかる。通勤快速が最も
混雑する区間はいうまでもなく品川→大船間である。しかし。乗降客数が多い
川崎駅や横浜駅。戸塚駅には止まらないため。これらの駅で乗り降りする人は
乗ってこない。大きな主要駅を使う人が恩恵を受けず。乗車機会が減って
しまうということで。東海道線では平日の下りの本にとどまっていると恐怖の東海道線?通勤快速:。ところが。なぜかしら列車はそのまま川崎駅を通過。「おや?川崎に止まらない
電車もあるのか。まあ。横浜に着いたら川崎はおろか。横浜やその先の戸塚
すらも飛ばして。品川から大船まで直行する列車だったのです。

遠距離客の速達需要に対処した列車だから、両端近くの駅は多く止めて、途中の駅は通過するんですよ。川崎までに降りる客や、横浜から乗る客は主要駅だろうが通勤快速に乗らんでも良いだろ!ってことです。遠距離の客は早い通勤快速に乗りたがるから、既に横浜でぎゅうぎゅうになっている。横浜で無理やり乗り込もうとする客が居れば、停車時間が延びてこれ以降の列車も詰まって遅れてしまいます。この手の質問への回答でさんざん書かれている遠近分離は、そういう目的でやるんだよ。湘南ライナーは横浜駅?川崎駅を通過にして乗客を乗せないようにして混雑緩和にしているのです。湘南ライナーは湘南ライナーの停車駅の乗客の専用列車になっています。そして、品川駅?新橋駅?東京駅に停車して乗客は品川駅?新橋駅?東京駅で下車するのです。◆湘南ライナー2号の停車駅湘南ライナー14号の停車駅小田原平塚茅ヶ崎辻堂藤沢大船↓品川東京◆湘南ライナー4号の停車駅小田原茅ヶ崎藤沢↓品川品川止まり◆湘南ライナー6号の停車駅小田原茅ヶ崎藤沢↓品川新橋東京地下総武線ホームに到着◆湘南ライナー8号の停車駅小田原国府津二宮平塚茅ヶ崎藤沢↓品川新橋東京地下総武線ホームに到着◆湘南ライナー10号の停車駅小田原国府津二宮平塚茅ヶ崎↓品川品川止まり◆湘南ライナー12号の停車駅小田原茅ヶ崎藤沢↓品川東京です。誕生当初は普通のアクティーで川崎や横浜にも停まってましたが、東京から湘南地区への通勤客の利便性向上を目的地作ったのに、品川ー横浜間の客ばかり乗って、しかも快速だから早いだろうと勘違いした客が先行の普通をスキップしてのる人間もいて大混雑して本来優遇したかった湘南地区までの客に利便性がなかったため、川崎、横浜を通過して横浜までの客を分離したのです。湘南ライナーと同様、遠近分離のためです。同様の質問が過去に何度も出ていますので、合わせて検索してみてください。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です